TAKAKOブログ

トップページ    >    TAKAKOブログ    >    東京日帰りのバレエ鑑賞 宿命

東京日帰りのバレエ鑑賞 宿命

迷っていた上京でしたが、やはり『行って良かった‼️』『観ておいて良かった‼️』と思える本物の舞台だった。

タイトル通り、行く『宿命』だったと言えます。

宿命を観るのはこれで三回目だけど、良い作品は何度見ても良い✨面白い✨泣ける💧
『篠原聖一作品』に、はまってかれこれ数十年。
私も聖一先生に影響され作品を創るのは好きな方だけど、聖一先生の作品創りの才能は凄すぎる…

古典の再振付はなんとか出来ても、オリジナル作品は構成·振付、セット転換、照明のことに加え難題の音楽選曲、その音楽にマッチしたストーリーと振りをつける。映画なんだな~~~~
ふぅ~~~😵💨聖一先生凄すぎる❗
そして、素晴らしいダンサー達、主要な役の方々は役者ですね。
振りがなくても、立ち方、顔の角度、目の使い方、息づかいで語って来る。

『下村由理恵』のファンになりかれこれ数十年。
なんであんなに無駄な動きがないのですか?
身体の中の水が(私は身体の移動をペットボトルの水に例えたりします)動いているのが見える❗

そして、素晴らしいバランスの崩し方‼️(バレエは直立のバランスだけではないから上手い人はバランスの崩し方が上手と言っています)
そして、軽い❗床を引っ掻く走り方が好き💕·······切りがないから辞めます。

『佐々木大』を初めて見たバジルの時には想像もしなかった役のバリエーションの多さ。

コンクールの踊りばかりすると、こういう作品を創りあげられないダンサーになるのではと、心配になりますね。

全幕、作品の舞台にたくさん出てくださいね。

本当に満足な日帰り東京でした💕

 

2021.11.08

コメント一覧

メッセージ
入力内容を確認のうえ、送信ボタンを押して下さい。

ページ上段へ戻る